ダイエットにはマラソンと半身浴のどちらがおすすめ?

マラソンは非常にダイエットによいスポーツです。
マラソン選手で太っている方はまずいませんが、これは太りたくても太らないからです。
女性で1日5,000kcalを摂取する選手もいるのですが、マラソンをすると大量のカロリーを消費しますし、代謝機能も高まるので太らないわけです。
しかし、一般の方がダイエット方法としてマラソンを行うのは無理があります。
非常にハードなスポーツですし、手軽に行えるものではありません。
無理なくスポーツで痩せたいなら、ウォーキングが一番いいのです。
毎日続けながら代謝を高め、足腰を強化できるのです。
人間の身体は下半身から衰えていくため、健康体を維持したい方は下半身を強化するべきです。

もっと手軽に痩せたい方には、半身浴をおすすめします。
半身浴とは身体の半分まで浸かる入浴法であり、身体を温める方法として最も適しています。
全身浴のほうが温浴効果は高いのですが、のぼせてしまうので長く入浴することはできません。
全身浴10分よりも半身浴20分のほうが身体は温まるのです。
身体を温めることは、身体にとって多大なメリットがあります。
最初に感じるのは汗のニオイが弱くなることです。
これは体内毒素や老廃物が排出されるためです。
体臭が弱くなるころには、かなり痩せ型体質に近づいているでしょう。
ダイエットの秘訣は、痩せ型体質になることなのです。
食べても太らない体質が手に入れば、苦労することなく肥満解消、体重維持ができるのです。

一般の方のダイエット法としては、マラソンなどのハードな運動よりも、手軽に行える半身浴のほうが効果は数倍高いです。
カロリー制限に苦痛を感じるなら、カロリーを燃焼できる体質になればいいのです。
食べても太らなければストレスは溜まりません。
ストレスの溜まらないダイエット法ほど成功率が高いのです。